読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alarky blog

いつまでも見習いエンジニア

DAIV-NG5710 S1 というノートPCを買ってみた

ネット上にレビューが全く見当たらなかったので久々にブログを書きます。

長期出張が決まったのでVRゲームができるノートPCを探していたのですが、色々ゲーミングノートと比較してDAIVのノートPCを買いました。

http://www.mouse-jp.co.jp/images/creator/note/ng5710/gallery/DAIV_NG5710_up_m.jpg

DAIVとは

BTOパソコンメーカー、マウスコンピュータのクリエイター・エンジニア向けブランドです。GPUが載ってるワークステーションやノートPCが色々ラインナップされています。性能的には同社のゲーミングPCブランドG-Tuneに近いのですが、TITANとかQuadroが載ってるバリエーションもあり業務用途を全面的に押し出している模様。

ちなみにDAIVとは「Dynamic Approach Imagery of Visual」の略だとか。

www.mouse-jp.co.jp

 

DAIV-NG5710

GeForce GTX 1060を搭載したVR Readyな15.6インチノートです。

DAIV-NG5710シリーズ |DAIV マウスのクリエイター・エンジニア向けPCブランド

 

各モデルの基本構成と価格は

 DAIV-NG5710E1DAIV-NG5710S1DAIV-NG5710M1
OS
Windows10 Home 64bit
CPU
Core i7-6700HQ
GPU
GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ
16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
ストレージ(OS用) SSD240GB SATAIII M.2 SSD256GB SATAIII SSD960GB SATAIII
ストレージ(データ用) - HDD 1TB SATAII 5400rpm -
価格 \149,800 \159,800 \179,800

って感じです。

大きめのストレージが必要なのでデータ用ストレージを2TB HDDにカスタマイズしました。プラス1万円也。

 

他のGTX1060ノートPCとの比較

同社のゲーミングPCブランド、G-Tuneにもちょうど同じスペックのi5530シリーズが出ています。

www.g-tune.jp

ていうか同じ商品だよねこれ。。ロゴ違うだけだよね。スペックも筐体も価格も同じ模様。プリインストールされているものが違うかも?わたくしはロゴの違いとDAIVブランドへの興味とディスプレイの色域保証で選んじゃいましたけどね!

 

みんな大好きRazer社の14インチゲーミングPC

www.razerzone.com

1060搭載で比較的薄型軽量、CPUは6700HQでメモリ16GB、SSDも512GBとスペックは同じくらい。しかも光る(重要)。だが高いんだな~。25万くらいする

 

ASUSのゲーミングノート。ちなみにASUSアスースと読みます。え?公式アナウンス?知りませんそんなことは!

ascii.jp

129,800円!お安い!アキバまで行けば買える!だがi5なんだな~。ゲーム専用としてならちょうど良いスペック。近くに住んでたらこれ買ってたかもしれないけど、CPUは後から変えられないからね、、4年戦いたいのでできればi7にしておきたいところ。

 

あとは

GS73VR 6RF Stealth Pro(002JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop provider

第7世代インテルCoreプロセッサー搭載Alienware 15インチゲーム用ノートパソコン | Dell 日本

とか検討したけど、マウスが一番コスパ良さげなので決めました。

 

良い点

3Dゲームがぬるぬる動く!デスクトップ版のGTX970と体感的に変わりません。

Oculus RiftでVRだって動く!Touchだとセンサーが2つ要るのでHMDと合わせてUSB3.0が3ポート要るのですが満たしています。埋まっちゃうけどね..

画面も綺麗。白が若干黄色っぽい気がするけど、これは今まで使ってたモニタが悪いので自分の目のせい。

あとノートPCなのに拡張性が高いのも良い。M.2スロットが1つ空いてるのと、メモリ2スロット増設可、さらに2.5インチストレージが2台乗る。HDMI+DisplayPort2でマルチディスプレイも捗る。USB3.1が2つもついている!いま時点では使いみちないけど、今後対応デバイスが増えてくるはず

 

良くない点

でかい。重い。

厚みが3cmくらいある。本体だけで2.8kgくらいある。20年前のノートPC感覚を味わえます。

気軽に持ち運ぶモバイルマシンではないです。これはゲーミングノートならどれも同じだろうけど、そう考えるとrazer bladeは凄い。

 

コイル鳴きがひどい。

電源入れたときや3D処理がゴリゴリ動き始めるときのコイル鳴きがすごい。キュイキュイ鳴る。一度動いてしまえば収まるけどね。

 

USB、2.0で良いのであと1つポートがあれば...

Oculusを繋ぐとそれだけでポートが埋まってしまうので、ぜひポートを増やしてほしかった。

 

www.amazon.co.jp

こういうのを買うはめに。単なるhubでよければもっと安いのあります。

 

キー配置が左寄りでつらい。

テンキーつきなので、MBPに慣れきった手だとタイピングが辛い。慣れが必要なだけかな。

 

まとめ

良くない点もいろいろ書いたが、周辺機器と運用方法で解決できるので良い買い物だった。これで出張先でもゲームと3Dゴニョゴニョが捗る。

i5530とNG5710の違いはロゴだけ!好きな方買えばいいと思うよ。

 

p.s.

みんなVRすればいいと思うよ